海女カフェとは
What’s is Ama Cafe?

伊勢志摩は海女のふるさと。
海女は、素潜りで貝や海藻を獲る女性のことで、海女漁は二千年以上も昔から行なわれてきました。
そんな海女が日本で一番多く暮らしているのが三重県鳥羽市。
アワビ、サザエやナマコ、ワカメなど、伊勢志摩が誇る豊富な海の幸は多くの人たちの舌を唸らせています。
Ama Cafeは、そんな海女文化を身近に感じてもらえるよう、昨年誕生したばかりの新人海女が鳥羽の海で穫ってきた最高の素材で、新しい食べ方を提案しています。

float_amanosachi.tiny

今日の海女
Ama Today – Facebook / Instgram

海女のこと
About Ama

小さい頃から海や山、自然が大好き。
特に海が好きで、アニメ「七つの海のティコ」に出てくる海洋生物学者に憧れて大学は海洋学部に進学
し、在学中は静岡や沖縄の海にどっぷり浸かる生活を送る。

続きを読む

大野愛子

東京都出身、見習い海女、フォトグラファー
東海大学海洋学部水産学科卒。
飲食業、フォトグラファーの経験を活かしたく
2015年8月に三重県鳥羽市に移住。
地域おこし協力隊として、海女見習い、
海女文化継承、発信しています。

資格:潜水士

海女カフェ情報Ama Cafe News

お知らせNews from Ama

お問い合わせ
Contact

三重県鳥羽市鳥羽3丁目1-1 鳥羽市農水商工課水産係
tel. 0599−25−1167
info@ama-megumi.com